交代にしないと、つくらないほうはつくる第二.TARO!:JIROの恋愛紋様人の時間をんどん奪っていることになるから関係は続かないことはわかる。でも、実際は、さっとできない。二人で一緒にやる時は遊びと同じだから楽しい。いつも一緒にできないから、ひとりでやる場合もある。相手が事んでくれると思っても、続くと嫌になる。手抜きしてしまう」河原さんは、スナックでバーテンのアルバイトをして、そこでは調理が主であった。「バイトは家賃と食官のためと訓切ってやった。あくまでも仮の姿という気持て。苦痛じゃなかった。生活の技術を身につけようという目的もあったし」男性が女性の気持をわかる必要があると認識して、性別役訓分業を超えて日常的に実行ぽ-んするまでに、死品川ほどに苦しむ体験が必要なのかと、聞いていて呆然となった。第一章、て紹介した桁密機器会社の刊行弘さん合一三)は、「間もなく掛約するつもり」。中川,十業後、一日川#へ進学した西行さんは、実家を離れて八年になる。「山一時は摂て一年生の時はホームシックになったが、すぐ慣れた。でも裏口小でひとり暮らしをするのは味気ない九出専の時ので出会ったガールフレンドは、地元て就職した。実家を離れるのを税に反対されたと-っていた。別れるのはつらかったけど、述く離れてしまうと疎述になった。気持が淋しかった時に、今の彼火に会って、一紺にいる楽しいから結附することにした。彼火は知大・午、て一歳下。結帰後は北ハ働きの約束。彼’は工場の半依仰をやっているから、いったんやめて、上京後、仕事を探すと言っている。僕ひとりの収入では生町できない。子供のことはまだ全然考えていない。会社の同期生、て仲のいい人が二人いる。でも忙しくて、しょっち?フは会えない。ひとりは淋しい。家に仰って訴もいないと、何となくれ持が荒れる」私立大学経済中部四年生で、商社へ就職が決まっている沢井陽太さん合一三)は、小山一・ナ時代に柄、タバコ、競-めを体験、附川校の時、恋愛をした。大学三年の時、一年間アメ-リカへ問中、「親に内仲間てボクシングもやった」と鵬みなく話す。「中んチと日川一こまではツッバリ。日ニの時、年上の火の人に誘われて、初体験した。屯訴がかかってきて税にパレて、会いにくくなって長続きしなかった。向こうの気持もよくわからないうちに終ってしまったから恋愛とは一行えないと思う。訂川三の時、同じ年の女子とつき合ったけど、彼女は受験があったので気持が揺れてた。

なんて人いないなんて人にはときどき全うけどはタイコたたく時間が引に尽くしている一分、ても余計に欲しい、三年がプロになれるかどうか勝負だから」と二これまで科労したのは練刊する場所探し。最初の会社を泌職後、燃を川て友人アパ第二.わないから午後五時に終らせて欲しい」と答えている。ても諦めて『珍しい。あ卜で共同生活をしたが、音が出せないから「スティック持って公回へ行って手足動かしてた」。その後、ひとり暮らし。家賃に悲鳴をあげていたら、知り合いから「部屋ひとつ空いてるからこないか」と戸がかかり、「家賃はタダ同然」。近くの会館で練狩もで込さることになzった。最初は防音設備がなかったが、会館の関係者有志が寄付ぞ二AHOO万円集めて改造しみ,毎日、退社後、会館へ直行。夕食を終えて午後八時から夜小手て、ドラムをたたく。迎一川、横浜へレッスンに通うけは、終ってから。「女の人とっきAnったのは両校時代。僕がいい加減で、二股かりでダメになったの。二年生の時、向こうから戸かけてくれて、一年近くっきAHってたら、また別の人から誘われて。3問方ともいいな』と思ったから二人とデイ卜してたら、女同士知りいだったの。ひとりが伐の名川-一日ったら『エッ』となって、州方から聞かれた。再定したんだけど、やっぱりパレちゃって。情けなかった。時か恐かったよ。東京にきてから火つれなし。火の人に戸かけようかな!と思うことあっても、っきAHい始めると、ドラムの邪雌になるんじゃないかと思って。『彼火に会いたい』『ドラムやらなくちゃ』と交五にきて困るんじゃないかと思う。最近、ときどき、両方をうまくやる方法ないかな!と考えるんだけど。火の人に『オレの一一う一必りしろ』なんて:叶えるタイプじゃないし。竹似していて、とききれを抜いてしま第二議TAROとJIROの恋愛校級うことある。そんな時、彼女がいて、車に釆ってどっかに行きたいーーって思う。今の僕には無理だけど。プロになった後、伐の収入、て『いい』って言ってくれる人がいたら結賠する」ひと与はひと一一九口はっきり訴す。ドラムと車が欲しくて、毎川貯帯をしている。「お洞飲まないし、洋服も日わない。慣は忠まれていると川ザ九時間あってもスタジオがなくて練刊できない人もいる。先生む『練刊できないヤツはやめたほうがいい』と行っている」彼のtH楽ジャンルはニュミュージック。別れ際に「さよなら」の代りに「プロになったら聴きにきてくださいね」と言われた。

ドラマーそめざして辿日深夜までドラムをたたいている石塚治三さん(二四)とは、偶。然出会った彼が練習をしている防音設備のあるスタジオは、保育所や集会場のある民間の社会稿祉法人の会総の中にあり、事務所で友人に紹介された。石塚さんは、会館、て夕食をすませ、仲間が揃うのを待っているところだった。雑談をしていて私が「マッチ(近藤兵彦)に似ているって言われない?」と聞くと「うん。『チャゲ&飛の飛鳥にも似てるって言われる」と。これま、て私は、単行本のインタビューを依頼する際、依頼の手紙に合一州趣円、日次、自己紹介等の資料を添えて先に郵送、目を通してもらった後、屯吋一一川て受けてもらえるかどうかを確認して、会って話を聞かせてもらった。しかし、石塚さんには川町で説明して初対一向、でいきなり巾込んだ。「いいけど、どのくらい時間かかるの?今は余分の時間まったくないんだ」と返ってきた。寸ても食事はするでしょ。恋人よりなぜ、ドラムがいいのか、点に絞って食べながら話して欲しいの」と無理を爪知て頼むと「えげつない質問だな|」一と笑ったを改めて、二時間近く訴してくれた。終って「時間たくさんとっちゃって悪かったわ」謝ると、「いいよ。二時間も経ってた?」と。そして、。彼は日を制かせて諮った。布塚治三さんは、幼い頃両組と臨死別した。三人兄必の三帯口で、長野県の職討が性込八ROとJIROの:Q:愛校総’「みで子供をみる養護施設で兄弟一緒に育った。高校時代は野球選手。慈悲刑判慣、長兄の紹介で東京の屯機メーカーに就職、二年後、ドラマーになるために退職した。「就職して一年が経って、ドラムがやりたくて、週一問、先生の所へ行く日だけ残業なしにして欲しいと頼んだら『ダメ』と百われた。諦められなくて、会社やめることにしたら『ドラムの練判は残業しなくていいから考え直せ』って変わったけど、その時は、やりたくてやりたくて気持出ぶってしょうがないの。ゃれれば何もいらないって感じて、ロマンチックな志のような気持だった」沿職後は「伐業しない」条件で、アルバイトをして生前世に当てている。利引・花の仕事は機械部品の配滝ワゴン市中を述転して担当地域の願答の所へ迎んで行く。判九時から夕方六時まで働いてに「お金の併はい’「分の夢ぞかなえるためにやしまう。『あなたのために、私の人生あげる』な』。給八千川会社からは社μになって欲しいと訴があるが、訂以さんは逆っさい一っているから、今は『いいな』と思う人に会った。

私立大学四年性の富塚功一さん合一二)は、小学からバスケットボールの選手。大学三年の時、アキレス健ぞ切って、現在はプレーをしていないが、一メートル八五の筋肉質の長身、て見るからにスポーツマン・タイプである。「両校時代の、ガールフレンドとは、試合で知り合った。他の市校のチムの女子。二年生の秋、で、クリスマスに手編みのセーターをプレゼントされて、初荷でに一緒に行った。沿初に彼火から屯話がかかってきた時、父がとって名前伝聞いて、マガールフレンドか』って聞かれたから『一応』と答えた」その時、日塚さんが父親から言われたことは「コソコソするな。彼’を送って行ったら両親にきちんと挨拶をする」の一一内…。彼は実行したが、「彼女は僕の家、て家族と一緒に食引をしたりするの好きじゃなかったみたい。僕もオープンになってしまって、気が抜けた。僕は始まりから、理解がありすまる税と彼女との板挟みですよ」三年生になると、彼女は受験準備守始めた。「僕は大学の附同町で入試がなかったから時川があったけど、彼火が忙しくなって、電話しても会ってくれなくなった。ふられたと思ったから、セーターはお母さんにあげた。外へ在てでない約束、て」第二章TAROUIROの恋愛校総大学は男女洪学。凸判一塚さんは英文科の女子学生にひと目惚れした。「すごく感じいい人だと思ったから、学生食堂でひとりいる時、話しかけたら、パスケの試合を見にきてくれた」部口以の間に知れわたったが、彼は気にしなかった。一年生の秋のこと。「美人っていうほどじゃないけど、いる日立つ人。父が『オマエよりしっかりしている。いいお嬢さんだ』とほめていた。三年の時、将米、彼女と結婚したいと思ったから、紡舶を・とう考えてるのか間レてみたら、結掛はしたくないと丑パっていた。卒や出したらイギリスへ行くって。それで、伐はイギリスへ行くチャンスのある仕がと思って旅行代開店に就脱した。それだけの羽山じゃない。成・長時葉だし、将米は独立したい気持もあるし。伐たちはどうなるか、わからない。もちろん、ムーは彼女を待つつもりだけど。今度のがはつらい。彼女は六に発っと-討っているけど。どっちかが合わせてしまうと、立任あるしなあ。それぞれがやりたい本そしながら合わせるのって、大変ですね」恋人より夢を実現させたい「恋人やガールフレンドが欲しいけど、今は自分の夢の実現にかけているから」と目標に向かってまっしぐらの二人は社会人だった。

仲川五人の中に女子が二人いて、彼女たちが僕のガールフレンド」?と松村さんは説明する。労三人、女二人のグループになったのは、「外で織るのが主になるグループ。スタジオ、物誌なんて、いつの間にかいくつかに別れて、伐はあちこちでかける組に人っている。サークルの会円以令部が集まるこ’ともあるけど、だいたいはグループごとに白主的にやっている。五人だから、誰かと誰かが二人だけでつき合うと、グループが壊れてしまうから、映闘なんか行く時も一応みんなに戸かけて、行きたい人が集まってくる。もし、ん久子二人のうちどっちかを特別に好きになったら、他の三人がシラけるか、伐たちが浮いちゃう」テニスの杉浦さんは、「練習は男女別々。終ってから州る方向別に引火一祁のグループが何となくできて、よく話をする女子三人をガールフレンドと思っている。サークルのなか第二章TARO1:.]IROの恋愛娘織に『いいな』と思う女子はいる。偶人的につき合いたいけど、まだチャンスがこない。グループと言っても、新宿や渋谷で男女に分かれ、出力三人で飲みに行く場合も多い。女子の話ですか?アルバイトの情報交換とか、テニスの話。アルバイトはインストラクターやコチ。テニスは技術的なこと、誰かれのプレ!とかプロ選手のこと。そりゃ、列同士のほうが親しい。女子とは、卒業してもつき合うっていう感じじゃない。引同士はずっと友達なんじゃないかな」二人とも市校時代は、ガールフレンドと例人的につき合っていた。「一日以枚が桐入、て、大午になると、どうしてグループになるの?」聞く、松村さんは「小川午が一緒だった人で、同校は別だったから、会-フ時は二人だけだった」。杉浦さんは「同じ学校て、物いも同じだったから、終ってから一緒に寄り道をした。故初、彼女のほうから『何か食べに行かない』誘ってくれた」。二人はハンバーガーをほおばりながら、彼が彼’の話を附くことが多かったと一百三大学入学後は、日的校時代のガールフレンドとは、会っていない。’「然に・ムわなくなった」。「れ然に」は、「何となく」なのかと附くと、「大学になると、それぞれ辿うことをするようになるから」と説明が返ってきた。二人には、別々にインタビューをしたが、訴の山身が川門店っているので驚いた。市に川州、hH分が属している仲間集同に気を遣いながら人間関係を保っている様子がありあり。彼らの大学での男女交際スタイルは、私に小学校の頃の遊び仲間との「仲好し小好し」の関係そ思い起、』させた。

夏休みに一緒に旅行をした。海岸を歩いていて、雨が降つできたら急に悲しくなって泣き出した。そう、同時に。気持がすごく高ぶっていたんだと思う。彼火は浪人した。その時、一年間待とう思って親に内緒でボクシングゃった。でも、彼女は大学入学後、気が変わったみたい」沢井さんはアメリカ滞在中もデイトをした。「アラブ固からきていた留学生と親しくなったけど、一一品葉がよく通じないせいか、うまくいかなかった。すごく行動的な人で、お酒を飲むし、豚肉も食べて、イメージとは全然述ってた。アメリカ人の学生同士は仲よくなると、す守一緒に住んじゃうので決断力あるなあと感心した」て現在の恋人は、閉じ大学の女子学生。「図書館で知り合った。何か急に真面目になって、仲よくしているけ性関係はない。彼女を恋人と思っている。男女関係って、最初に知り合う場所の影響もありますね。ディスコで会ってたら、帰りにホテルへ行ってたかもしれない」大学院でへゲルの政治思想を研究中の小山俊一さん(二四)は第一章、て紹介したが、「今の関係がうま〈いかないのは、うも前の恋愛体験の影響があるんじゃないか」と首をかしげる。鰍「前の」は、裏三年の時に始まった。彼は高校時代からジャズバンドを結成していた。搬「茜ニの秋に一歳上の働いている女の人を好きになった。その後、彼女が入院して何回ωか見舞いに行った。周りに知れると『アイツはへン』と言われそうなので、おおっぴらにできなくてコソコソ会っていた。年が明けて、大学入試に落っこちて、浪人することにな’』問った。しょっちゅう会っていると気が散ると思って、一年閉会わない、電話しないと伝え叫て実行した。大学に受かったので電話をしたら、『結婚することになった』と言われた。相章手はアメリカ在住の日系の既婚者なので、離婚手続きに時聞がかかると説明された。彼女ニ第が結婚するまでつき合いたいと思った。二年閉会っている聞に、彼女は結婚をやめることにした別れられないと符えられ、また、訴が逆転。アメリカから迎えがきたら、彼火は日本を雌れる決心をした。もう会えないと諦めてたけど、胸が騒ぐので彼女のお姉さんの所へ-小山祈念したら『明日の飛行機て発つ』と話され、治まっているホテルも教えてくれた」。アメリカから屯話があったら話すと言われたんだけど、伝えたら『’,‘,‘‘川トkeh刑f‘、「二川の冷たい朝だった。始発の屯車に采って赤坂のホテルへ行って、ロビーで待った。